虹の夜、さよならPapa. ~アパッチの涙


(この一連の出来事を、たまに書いている「なんちゃってスピリチュアルノベル」風に綴ろうと思います。備忘録の為に)


「パパ…パパ…パパ…」。囁いている自分の声で目覚めたある夜中。とてもシュールな夢だった。そこには、父親だという二人の人物があったが、その夢の運びは、あまり覚えていない。現実の父のことを「パパ」などと呼んだことはない。気にせず、再び眠りに就いた。

二日後の夜。「ダディ、ダディ……ダディー」。また同じだった。「パパ」から「ダディー」に変わってはいるが、父親のことを呼んでいたようだった。今度は夢の内容すら覚えていない。さすがに考えた。これは過去世か、父性像に関する希求か、問題なのか。父性も母性も、とりわけて求めているという自覚はないのだが。これは潜在意識の表れなのか。父は、自分にとって複雑な存在なのかも知れない。

その朝。仕事をしながら考えていると、ふと閃きが宿った。

ーーーーアパッチティアーズ。アパッチの涙。数日前、ある知人の方の御厚意で、縁あって手元へとやって来てくれた石の名前。由来は、ヨーロッパ人たちに土地を追われて流した、先住民ネイティブアメリカン、アパッチ族の涙。

父が仲間内から呼ばれている名は、アパッチだった。





今年の夏、ゲリーボーネル氏のアカシックリーディングを受けた。秘されていた過去が、影から姿を現した。

「君は近い過去世であることをしていて、その時に人を殺している」
「その殺した相手というのは、今世、一緒にいました」「それは」
「Your Father.」
「……お父さん」

通訳の方の声と、自分の声が重なった。そう呟かずにはいられなかった。それは驚きですね、そうか、でも、なるほど。と僕は続けた。その事実に意外性があったのではなく、確信に至ったことが「驚き」だったかもわからない。そんな過去もきっとあっただろうと、ぼんやりと感じていた。清算するべき、バランスをとるべき事柄。いわゆるカルマだ。殺したり、殺されたりした過去。

以前、こんな記事を書いた。
「父と踵を巡る、ギリシャ神話物語」 http://zaraian.exblog.jp/25247375/


今ではこの踵の痛みはどこ吹く風だが、実際にカルマ、その時の過去のエネルギーは全て完了したと、ゲリー氏は教えてくれた。辛かった青春時代はもう終わったらしい。この頃それを確かめる術もなかったが、父親殺しの過去は、事実だったのだ。父とのパストライフからの確執は、きっとこれだけではないだろう。思い当たる節は幾つかある。反乱を起こしたり、裏切ったり。

誰の過去、誰の関係性にも、このような様々な背景が隠れている。この世界では、それらの過去のことを忘れるように出来ているだけなのだ。

その後、父とは実際に意識的な和解をした。未解決の回転は止んだ。踵の痛みも、治まった。

それでも何故、今、父性に関する夢見なのだろうと考えた時、アパッチ・ティアーズに辿り着いた。やはり石というのは働くらしい。この石は確かに父の象徴だった。父のあだ名は「アパッチ」で、それは勿論アパッチ族、酋長アパッチから命名されている。彼はネイティブからそのまま飛びだしてきたような容姿をしている。そんな過去世も、確かにあった。





実はアパッチティアーズと、それからもう一つの石を賜っていた。モリオンと思える程に「黒」を湛えた、スモーキークォーツだった。青緑色のアマゾナイトを内包している。そしてその黒い石肌の中に、3つ程の虹を持っていた。夜空にかかる虹のように美しかった。開封してすぐ、その姿と縁に、感嘆の声をあげた。これは自分の元へ来るべくして来た石だ。

あくる日、「夜の虹」と名付けようとしていたこの石に触れると、「シャドー」と伝わって来た。---影。それも虹を持った美しい影だ。その姿は、ある姿を彷彿とさせた。フィーリング。それはゲリー氏に教えてもらった、父親を殺めてしまった過去の自分の姿だった。石の方から「自分はシャドーだ」と名乗った。だからと言ってこの石はとても美しく、大地を感じ、水と風も感じる、光の石だ。

ただ何故、アパッチの涙と一緒に自分の元へ来てくれたのか、今はよくわかる。無意識乍らも素晴らしい霊的センスでこの石をチョイスして下さった、Xさんに心から感謝だ。全ては繋がっている、宇宙の精妙なダンスらしい。おまけに、この石を繋いでくれたXさんは、上のリンク記事で父との関係性を示してくれた、正にその人なのだ…。

これらのことが、この朝すべて繋がった。次々とスパークしていく解答に、自分でも驚いた。
石は働く、持ち主のこころへ。

初めの夢では、二人の「父」がいた。アパッチ・ティアーズを、一つではなく二つ頂いていたことに気が付いた時、それはこの二つの石が、父性像に具現して、教えてくれた夢だと思った。




過去世から続いている、種々な「父性像」を癒している最中なのだろう。父性に関する過去、母性にまつわる過去、誰にでも、それらのキーとなるパストライフは、ある。今夜も父の名前を呼んで目覚めるのかも知れない。本当は、父性を追い求めているのかも知れない。父性に振り向いて欲しいのかも知れない。過去に携わっていた、無数の父親たちに。

アパッチの涙が見させた夢は、虹の夜に癒していこう。





こんにちは、ヒーラーの恵人です。

久々のこちらのブログ更新、久々のなんちゃってノベル…如何でしたでしょうか?(笑)ちょっと暗い記事でスミマセン、冒頭に書きましたように、本当に備忘録です。そしてダディーーーー!と呼んでいたのもまだ昨晩のことですし(笑)我ながら、さすがに気になりました。そして今朝それがわかったという訳です。「パパ」とか「ダディー」だなんて、口が裂けても実の父に言いませんが、なんとなく英語圏の過去世が関係してるのかな?なんて思います。パパやダディーに置いてけぼりにされた過去があるのかも知れませんね。

しかしながらゲリーさんはなんでもわかるな~、と。ついにこの過去のことも書いちゃいましたが(笑)まだまだ複雑化する要素が実はあって、それはスピリチュアルに非常に専門的なことなので書きませんが、記事にしたように、その時の過去はすべて完了することができたようです。すごく安心しました。

まぁあと、昨日はシヴァリンガムと一緒に寝たのもいけなかったのでしょうね(笑)そんなことすること、滅多にないのですが、何故か昨日はフィーリングで。シヴァリンガムなんて、父性像の権化というか、男性性の象徴ですからね(笑)そういう過去への癒しが入ったのかも知れません。

結びとしては、石ってやっぱりスゴイ!!!ということです。

ではではっ^^





<1月分の対面・遠隔セッションを受付中>

*星の公園 STAR PARK       http://vaitalia.jimdo.com/

*レムリアのヒーリング寺院 Uripita http://uripita.jimdo.com/







[PR]
by zaraian | 2016-12-21 18:02


ヒーラー恵人(けいと)の星のブログ。遠隔セッションでは星のワーク、ヒーリングをご提供しています。https://uripita.jimdo.com/


by zaraian

プロフィールを見る
画像一覧

検索

記事ランキング

最新の記事

新しいブログをつくりました。
at 2018-05-20 14:29
これからのこと&帰国しました!
at 2018-05-20 08:54
twitterで呟いています。
at 2018-05-17 19:29
インドからお知らせ。今後の予定。
at 2018-05-16 14:29
インドにいます。
at 2018-02-21 23:00

以前の記事

2018年 05月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

カテゴリ

全体
Ann
未分類

その他のジャンル

ブログジャンル

スピリチュアル

画像一覧