夏風と星のアクロポリス。



先日、上野の東京国立博物館で開催されている「古代ギリシャ展」へ行ってきました。素晴らしかったです。もともと、ギリシャそのものというか、ギリシャという土地や文化、人種、そしてギリシャ神話が昔からとても好きだったので、ヨダレが出そうな今回のこの企画展。やはり実際に動くことで得られるものも様々で、これはギリシャ展を活用した「過去生Around」になるだろうな~と予想していたのですが、実際にその通りで、行きの道中から、その示唆があったように思います。

ただ、この7月の夏のさなかですから、お天気は快晴でよかったのですが、うだるような暑さの上野公園でした……2年ぶり位?前回は古代エジプト展で、その時も過去生のメモリー・リリースに繋がりましたし、ZARAIANの「ピラミディア」というワークは、これを機にやって来ました。思えばその時の現実に目にするものもスゴクててですね、こうして夜にパソコンをタイプしている最中に、パソコン裏の壁から、20㎝位あるんじゃないかというような巨大なクモがゅ~~っと出現したり、はたまた偶然ヘビとハトが格闘しているところに出くわしたりですね…今思うと全部わかるのですが、それは宇宙的な意味でした。ちなみにクモはオリオンの表象、ハトはプレアデスで、蛇がなんだったかは、おととい、ふとわかりました(笑・でも内緒)。

そんな調子で、古い過去の遺物や物質には、その時代のエッセンスがちゃんと残っているようです。そしてそのエネルギーに触れる時、こちらの過去の時間も動きだすことがあります。それは解放されるために、顕在化されるためにそこにあって、触れてもらうのをずっと待っていた、古い記録の書物のようです。


***


昔から、ギリシャはシンプルに「過去生で何度も転生していました」と感じる土地ですが、実際に幾つかその時代のビジョンがあったこともあります。土地や国によっては「絶対にもう行きたくない」と感じる場所、漠然と恐ろしく感じてしまう場所、ハッピーな気持ちになれる場所など、誰でも色々あるかと思いますが、自分の場合はそれらのほとんどは過去生の体験から来るもののようです。

ギリシャは非常にハッピーな感覚を持っている土地で、ものすごくノスタルジーというか、なんか暖かい故郷を想い出すようなフィーリングなんですよね。戦いとか色々あったと思いますが、素敵な思い出もたくさんある、というような。多分アテネだと思うのですが、アクロポリスにもいたことがあったようでした。

…う~~んと、それからですね。過去の遺物に接するのは、時には注意のいることのようで、エジプト展へ行った時も上記のような現実のサインが色々と起こっていたのですが、例えばセイキムレイキを受講した時などは、古代エジプトのエネルギーに触れただけでも「ショック」が起こってしまい、それはミイラにされた過去生だったのですが、実際に内臓、特に心臓が本当に痛みだしてしまって、そのまま受講中に心臓発作かなにかで死んでしまうんではないかと思うほどでした(笑)。

なので、自分自身が「なんか(その土地・時代・文明には)カルマもある気がする…」という時は、ちょっとエネルギー的な準備をしておかれた方が無難かも知れません。今回も「何かあるなら、安全なかたちで。」と事前にお願いしておきましたし、幾つかエネルギーのテクニックを使いました。特にグラウンディングしておきましょう!


***


そんな調子で、ハッピーな感じですから、「ギリシャ・ハイ」というのでしょうか(笑)浮かれ気分で博物館へ向かいました。その結果、気が付けばなんと3時間もしげしげと眺めて巡っていたのですが(笑)面白いな~~と思ったのは、やっぱり同じ国でも時代や場所によって、その工芸品などを見ていても「反応するもの」「反応しないもの」が分かれるものなのですね。ビビっと来るものと、そうでないものというか。自分が転生していない時代の場所のモノによっては、「シ~~ン」という感じのようです。

逆に今回はじめて顕在意識に上がってきたのですが、クレタ島などは何度も転生しているようで、ミノア文明が終焉する時もそこにいたようですし、なんかその展示コーナーでは、ちょっと泣きそうになっちゃったのですよね(怪しい人)。古代オリンピックに関する物などもそうですし、青銅でできた剣など、眺めていて面白かったです。特にギリシャ壺が昔からとても好きで、その壺絵なども好きなのでテンション上がりました。どの国でもそうですが、ああいった古代の工芸品は本当にアートそのものですよね。

そして、紀元前3千年とかの展示物もありますから、今から5千年位前、自分はこの土地で実際に人として生きてたのだということが、とてもリアルなものとして捉えることができました。やっぱり理屈よりも現物が、より多くのことを教えてくれるようです。

それから、アポロン神殿に奉納されていた逞しい大理石のクーロス像(男裸像)とか、ヘラクレス像、そして女神の像だとか、本当に素晴らしかったです。古代のエネルギーそのまま。生きているようでした。その像たちを見ていて「肌で感じた」のは、古代ギリシャではそれらの神、女神たちがリアルに日常的に奉じられていて、身近であり、そして遠い神聖なものだった。そしてギリシャでは今もこれらの神々が活き活きと存在している、というようなことを感じました。

アフロディーテなどの像もあったのですが、古代人は愛と豊穣を願って、本当にヴィーナスを祀っていたんだと、感動しました。アルテミスなどもそうです。また、ガイアやマザーアース(母なる大地)などもそうですが、これらの愛すべき原初の女神たちの存在がとても眩しかったです。母なる、おおいなる源流の女神。ギリシャの神々、女神たちは色々な言葉の語源にもなっていますし、ある意味「始まり」なのかも知れませんね。


***


そんな調子で、とても愉しく堪能させて頂きました、古代ギリシャ展。そこでどう生きていたのだとか、どんな想いがあるか、というのは、個人的にはわかっているので、ある意味そのエネルギーを取り戻す、リトリーバルするような作業でもあったのだと思います。今回そこへ赴いたことで、実際に変わることというのがあります。本当は常設展の古代日本の展示物なども見たかったのですが、ギリシャに時間をとり過ぎてタイムアウト(笑)またゆっくりと巡りたいと思います。


そんなこんなで、オススメですよ~、ギリシャ展^^
ではではっ。


*Love. and Wisdom ヒーリングスペース ZARAIAN http://cosmictree.jimdo.com/




f0356525_21221980.png












[PR]
by zaraian | 2016-07-16 21:23


ヒーラー恵人(けいと)の星のブログ。遠隔セッションでは星のワーク、ヒーリングをご提供しています。https://uripita.jimdo.com/


by zaraian

プロフィールを見る
画像一覧

検索

記事ランキング

最新の記事

新しいブログをつくりました。
at 2018-05-20 14:29
これからのこと&帰国しました!
at 2018-05-20 08:54
twitterで呟いています。
at 2018-05-17 19:29
インドからお知らせ。今後の予定。
at 2018-05-16 14:29
インドにいます。
at 2018-02-21 23:00

以前の記事

2018年 05月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

カテゴリ

全体
Ann
未分類

その他のジャンル

ブログジャンル

スピリチュアル

画像一覧