6⃣次元 ◇◆ 光と幾何学の世界


こんにちは、ヒーラーの恵人です。今日は、次元について最近自分なりにわかってきたことがありましたので、備忘録としてそれを記してみたいと思います。あくまで本からの知識と、個人的な感じ方ですよ~。

ここのところ、バーバラ・ハンド・クロウさんの「プレアデス 銀河の夜明け」という本を読んでいて、お陰さまで次元に関する定義が随分と明確になってきました。普段は何気なく「3次元が~」とか「5次元領域で」などなどと説明していますが、当然なんだけれど、それは周波数やシステムとしての違いがあって、ようやく宇宙人視点から見る次元の定義が、ちょっとだけわかってきました。なかなかに面白いですよ。



f0356525_17125695.png

                       *Photo by fusion-of-horizons



この世界でいえば、例えば1~3次元というのは「直線」から「平面」、平面から「立体」でこの下位3つの次元のことを指しますが、宇宙的に説明されると結構違うのです。それがとても面白いです。あと、次元とは結局は時空間の周波数の差異のことですから、優劣はつきません。ですから5次元より3次元の方が下等だということは言えないのです。それは単なる違いであって、それ以上やそれ以下でもなく、個性や、表現方法なので。

ちなみにこれはサロン開業当時からそう書いていましたが、ZARAIANやSTAR PARKで扱う時空間はおおむね5次元になります。そのように設定しています。5次元世界というのはおおよそ愛と創造性が司る領域だと言われていますが、この次元だと、まだ肉体を持ったままでもOKなのです。プレアデスや金星、地下のインナーアースがこの5次元の振動だとよく云われていますね。

ただ、次元も歴然として「4か、5か」という風にカテゴライズできる訳ではなくて、ある程度グラデーションがきいています。だから5.2次元とか、4.8次元という言い方もできるそうです。本当に周波数(ヘルツ)と同じですね。

そうそう、「では、ハイアーセルフは?」ということですが、これは以前、瞑想中にふと「(ある視点から見た場合)それは7次元だ」と伝わってきたことがありました。だからハイアーセルフってものすごい叡智を携えています。誰のハイアーセルフもが7次元のものかはわかりません。もっと上だったり、少し下位だったりとかもすると思います。


5次元くらいまでは、スピリチュアルなことに興味を持っていると、結構身近な概念(コンセプト)だと思います。意識してこうなった訳ではないのですが、最近ようやく次の次元である「6次元」が、いったいどのように定義されたどんな周波数帯なのか?が少しわかってきました。そしてそれは、以前からある意味では「知っていた」世界観でもあったように思います。前回の記事でも書いていましたが、クリスタルのファセットの構造は、ある意味6次元的なものだと思います。フトマニ図なども、個人的には6次元の構造を想起させます。

さてさて、6次元とは光の神聖幾何学が管理している、いわゆる「形態形成場」としてのフィールドだそうです。この現実に存在しているものの「形態」を、光の幾何学エネルギーとして「形成」している「素」の次元……本でそれを読んでいた時、ずーーーっと昔にアルケミスト(錬金術)をやっていた転生で、この6次元の形態形成場から物質を顕現していた時の記憶が突然「甦って」きました。それはちょっと頭を抑えてしまうような、記憶のパッケージの開封です。


それから、その後いつだかに意識してフォーカスすると、6次元のモデル宇宙がビジョンとしてようやく視られました。ある本ではこの世界を

「エネルギーマトリックスの原型が生まれるのはこの振動帯で、神聖幾何学によって管理されています。基本のマトリックスは12×12の144パターンからなっており、13×20の形成母体の一つひとつに基本マトリックスパターンの原型が刻みこまれています」

と説明していました。初め読んだ時はまるでチンプンカンプンで読み飛ばしていたのですが、ビジョンとしてこの光の幾何学の世界を覗いたとき、正にこれっだったのだと思いました。

それを説明しろと言われても無理ですし、たまに必要があることなら「わかる」という感じで、この時もそうでした。だからいつでも6次元の世界や仕組みがわかるということではまったくないんですね。いつでもこういう情報は、主に自分のハイアーセルフから来ていて、それはクラウンチャクラから情報の粒子が入ってきて「(理由はわからないけれど)はっきりとわかる」という感覚でやってきます。いつもクラウンチャクラから入ってきます。だからときたま、同じで原理で人と話をしていても唐突に「この人はこの星からやってきた」というのが、理由もなく「わかる」という時があります。本当にごくたまにですし、やれと言われてもできなんですが・・・。


それでも、ビジョンで見られた6次元の宇宙というのは非常に美しくて、全てが調和的に融和する幾何学の妙、宇宙の完璧なハーモニーなんだと思えました。全体を俯瞰して見て、そのシステムの構造を感じ取るという感覚です。その母体から、3次元のあれこれが顕現しているのかもしれませんね。そういえば以前ムーの光の幾何学文明のことを書いたことがありました。今思うとあの存在たちは6次元の存在だったのかもしれません。正しく神聖幾何学で構成されたようなエーテル機構でしたし。


ちなみにこの6次元世界というのはシリウスが属しているそうです。個人的な記憶としては、最近シリウスBにいたことがいよいよ確信的になっていたところでした。また、シリウスBの海で泳いでいた、という魂の方はたくさんいると思います。シリウスのイルカ、とよく言いますし、シリウス人自体が、水陸両棲の水棲存在だとも云われていますものね。もちろんピンからキリまでの形態があると思いますが、個人的に馴染み深いシリウス存在のひとつというのはほんとにマーマンみたいな感じです。

それから、セッションをしていても色んな星系の色んな時間軸が展開します。これは次元や周波数が異なると、それだけ多様な可能性が絡んで来るので、一見して矛盾したように見えることもありますが、これは次元の違いからくる世界観のように思います。

それから、宇宙からの転生を3次元的に「直線的時間」で考えると、必ず矛盾します。時間は本当は存在しないので、未来も過去も自由なんですね。未来の次元から来ていることもありますし、タイムラインは理屈で理解しようとしてもムズカシイみたいです。これは直線的な時間として捉えるのではなくて(地球の前がプレアデスで、その次がシリウス、というシステムではなくて)、ホログラフィックに、すべては今同時に存在しているという考え方を当てはめてみてくださいね、どうぞセッションのシェアリングの場合は。


6次元は形態形成場だということですが、すべての次元は本当は「今ここ」に重なり合っているので、6次元の方が見えやすい方というのは、実際に例えば目の前にあるテーブルの「光としての原型構造」がそれととなり合って幾何学として視えるそうです。それから、エネルギーを幾何学模様として感じられる方というのもいらっしゃるそうですし、面白いですね。


* * * * * * *


色々書いちゃいました。こんなディープな記事を好んで読んでくださる方が、果たしているのでしょうか(笑)結構引かれそうな内容かななんて思いながらも書いちゃったのですが、ドランヴァロ(・メルギゼデク)さんが好きな方は6次元の世界観も絶対好きだと思います。というか、ドランヴァロ通の方は自分よりもずっとこのことを詳しいハズですね。あのフラワー・オブ・ライフを読破した方というのは、ある意味尊敬しますね(笑)面白そうだな~とは思うのですが。。。。

次元について、備忘録でした^^

ではではっ。



*With Star Lights. 星の公園 STAR PARK http://vaitalia.jimdo.com/









[PR]
by zaraian | 2016-05-07 17:14


ヒーラー恵人(けいと)の星のブログ。遠隔セッションでは星のワーク、ヒーリングをご提供しています。https://uripita.jimdo.com/


by zaraian

プロフィールを見る
画像一覧

検索

記事ランキング

最新の記事

新しいブログをつくりました。
at 2018-05-20 14:29
これからのこと&帰国しました!
at 2018-05-20 08:54
twitterで呟いています。
at 2018-05-17 19:29
インドからお知らせ。今後の予定。
at 2018-05-16 14:29
インドにいます。
at 2018-02-21 23:00

以前の記事

2018年 05月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

カテゴリ

全体
Ann
未分類

その他のジャンル

ブログジャンル

スピリチュアル

画像一覧